Tuesday, November 21, 2017

A young inventor's plan to recycle Styrofoam: Ashton Cofer


動画リンク:https://www.ted.com/talks/ashton_cofer_a_young_inventor_s_plan_to_recycle_styrofoam?utm_campaign=tedspread--b&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

[私がこの動画をお薦めする理由]
『努力に勝る天才なし』
この動画はそんなことわざを体現してくれているかのような男の子が、どうやって彼とその仲間たちが行なった壮大な実験を成功させたかについて話しています。
分解するために500年以上かかる発泡スチロールを、なんとか再利用することを目指し実験を始めたスピーカーはなんどもなんども失敗と挑戦を繰り返します。そして、とうとう彼らのチームは実験に成功します。
不可能を可能にするためには何をしなければいけないか。
是非ともそれに成功した彼の口からシンプルかつ信頼できる言葉を聞いて見てください。

[印象的な英語表現]
We took a problem that many people said was impossible and we made it possible, and we persevered when it looked like nothing that we did would work. We learned that you can't have success without a little, or a lot, of failure.

この一文はスピーカーの男の子がプレゼンテーションのしめめくくりとして使っていた一文で、単純にいい言葉だな、と思ったので、この言葉をあげさせていただきました。
そして、このスピーカーは『努力しても報われなかったらどうしよう』だとか、『どうせ時間の無駄』などと考えるのではなく、プレゼン内で自分たちが行なってきた実験活動はやる価値があったと、そう言っていました。
要は自分がどう思うかという部分も関係してくるとは思います。
この動画の男の子のように、多少の、もしくはたくさんの努力を惜しまずに生きていきたいです。

投稿者:HM


Say your truths and seek them in others / Elizabeth Lesser

【タイトル】

Say your truths and seek them in others / Elizabeth Lesser



【私がこの動画をお薦めする理由】
 助産師として働いたことで新しい人生のあり方や出産の際の女性の強さを知ったプレゼンターが語る教訓とは
 妹への骨髄移植の際の本心や、その後その妹をなくした際に立ち直った方法など、プレゼンターが人生の転機に思ったことや大切にしたことについて知ることで私たち自身の“生”についても考えなおす良い機会になるのではないでしょうか。

【印象的な英語表現】
“When she died, part of me would die, too.”
「彼女が死んだ時、私の一部も同時に死にました。」

 この言葉は、プレゼンターが自身の妹を癌で亡くした際に発した言葉です。プレゼンターが妹へ骨髄移植をしたという事実が一瞬でわかるような大変端的で直接的な表現であるなと思いました。
 Part of me died tooとするのではなくpart of me would die, tooと表現することで妹に流れ続けていた自分の血が、自分とはかけ離れた場所で無くなっていく。そんな情景が浮かびやすくなっていたように思います。


【投稿者】

なっこ




 Marlon Peterson: Am I not human? A call for criminal justice reform




【私がこの動画をお薦めする理由】罪を犯してしまった人の話を聞けるのは貴重なことだと思いこの動画を見てみました。彼は自分の中に、自分はゴミだと思うほど自己嫌悪があったけれど、ある女の子の手紙から始まったあることで自分を認めてあげることができるようになっていきました。この動画を見て、非行に走った人が社会復帰できるように社会の体制を整えておく必要性を少し感じた。やはり興味深いものだと思います。

【印象的な英語表現】 We were all the products of Trinidad and Tobago.
「犯罪をしてしまった話者含めた五人の人たちは皆TrinidadTobagoの出身だった」という話の内容であるが、自分を人間と見ていないようなproductsという表現が印象深かった。


【投稿者】K